日航機123便墜落 最後の証言

堀越豊裕

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    消えない撃墜説も含め、事故から33年となる今もその原因を巡る議論は続く。事故調査にあたった米運輸安全委員会など日米双方を徹底取材。多くの証言を軸に事故の最深部を描く。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/28Posted by ブクログ

      なぜハードカバーで出版しないのだ、というくらい、丁寧な取材に基づいた「日航機123便墜落」事故を追ったルポルタージュ。

      事故原因については事故調査委員会が出した報告書の結論に、基本的には賛成しながら...

      続きを読む
    • 2020/01/09Posted by ブクログ

       1985年の日本航空123便墜落事故については、これまで様々な立場からかなりの関係書籍が刊行され、またテレビのドキュメンタリーも何本も作られたが、それらと比べた本書の特徴は、ニューヨーク常駐勤務の利...

      続きを読む
    • 2018/10/29Posted by ブクログ

      事故から33年経った今でも忘れられない大惨事。
      調査委員会の報告では、急減圧による隔壁破損が事故の原因とされており、著者もその立場に立って、他の原因説を丁寧に消していっている。
      しかし、ストンと落ちる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード