自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来

冷泉彰彦

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    クルマは電気と人工知能とで自動運転になり、人は運転から解放され居間にいる気分で移動でき、事故もない──そんな未来が目の前まで来ているようだ。アメリカやアジアなどで展開している主導権争いの現状を、自動車会社の対応もふくめたルポ。日本にもチャンスはある。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/11/07Posted by ブクログ

      2018年11月7日読了。自動運転を巡るシリコンバレー勢・自動車メーカー勢や主にアメリカ・日本の世論の「今」の動向と今後に向けた提言を行う本。非常に面白くスリリングな本だった。JMMのメルマガで著者の...

      続きを読む
    • 2018/08/15Posted by ブクログ

      来年(2019)には元号が変わりますが、今の元号になって社会人を始めた私は、職種は変わったものの、一貫して自動車部品である潤滑油の開発、今ではその潤滑油の元(添加剤)のビジネスに携わってきました。この...

      続きを読む
    • 2019/06/03Posted by ブクログ

      高齢者による交通事故のニュースが増えている昨今。
      それの改善の一助になるのではと思って読んでみました。

      人間の手を離れるという不安からか世論がなかなか受け入れていないし、技術もまだまだ発展途上。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001902837","price":"660"}]

    セーフモード