【最新刊】自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来

自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来

1冊

冷泉彰彦

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    クルマは電気と人工知能とで自動運転になり、人は運転から解放され居間にいる気分で移動でき、事故もない──そんな未来が目の前まで来ているようだ。アメリカやアジアなどで展開している主導権争いの現状を、自動車会社の対応もふくめたルポ。日本にもチャンスはある。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/13
    連載誌/レーベル
    朝日新書

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/03Posted by ブクログ

      高齢者による交通事故のニュースが増えている昨今。
      それの改善の一助になるのではと思って読んでみました。

      人間の手を離れるという不安からか世論がなかなか受け入れていないし、技術もまだまだ発展途上。
      ...

      続きを読む
    • 2018/12/23Posted by ブクログ

      自動運転車の勉強をしてみようとして手当たり次第に何冊か手にとったうち、一番最初に読み終わった一冊。

      前半は自動運転の技術動向について、後半(というか後ろ 3/4)は自動運転の技術的な困難さ(ナイーブ...

      続きを読む
    • 2018/11/07Posted by ブクログ

      2018年11月7日読了。自動運転を巡るシリコンバレー勢・自動車メーカー勢や主にアメリカ・日本の世論の「今」の動向と今後に向けた提言を行う本。非常に面白くスリリングな本だった。JMMのメルマガで著者の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード