和名の由来で覚える300種 高山・亜高山の花ポケット図鑑(新潮文庫)

増村征夫

853円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    花は和名の由来を知ることで、名前が簡単に覚えられます。「衣笠草」は大きな葉を広げた姿を、昔の高貴な人にさしかけた衣笠に見立てた和名です。「駒草」は蕾の形が、子馬の頭に似ていることからつけられました。山の花を集めた本書は咲く地域を亜高山と高山に分け、さらに草地、湿地、礫地、岩場といった場所ごとに紹介。『野と里・山と海辺の花ポケット図鑑』の姉妹編です。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード