超越と実存―「無常」をめぐる仏教史―

南直哉

1,555円(税込)
ポイント 15pt

通常ポイント:15pt

「諸行無常(=すべての“実存”は無常である)」。そうブッダが説き始まった仏教は、インドから中国、そして日本へと伝わる過程で、「仏性」「唯識」「浄土」などの「超越的理念」と結びつき、大きく変化していった。「恐山の禅僧」が、ブッダから道元までの思想的変遷を「超越と実存の関係」から読み解く、かつてない仏教史の哲学。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード