いま蘇る柳田國男の農政改革(新潮選書)

山下一仁

1,408円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    かつて農商務省の官僚だった柳田國男は日本の農業の弱点を見抜き、改善策を次々打ち出した。が、その思いは時の体制に葬られ、志を継ぐ後輩たちも、やがて忘れさられた。国際競争力はおろか、高い関税で命脈を保たれる今日の農業。近現代を貫いて横たわる農政の病とは何か? 柳田が見出した希望の策を現代に蘇らせる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード