【最新刊】ガラパゴス 下

ガラパゴス

相場英雄

803円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    貧乏の鎖は、俺で最後にしろ。 二年前、都内団地の一室で自殺に偽装して殺害された沖縄県宮古島出身の非正規労働者・仲野定文。警視庁捜査一課継続捜査担当の田川信一は、仲野が勤務していた三重県亀山市、岐阜県美濃加茂市を訪れる。そこで田川が目にしたのは国際競争に取り残され、島国で独自の進化を遂げる国内主要産業の憂うべく実態だった。仲野は、過酷な労働環境のなかでも常に明るく、ふさぎがちな仲間を励ましていたという。田川は仲野殺害の背景に、コスト削減に走り非正規の人材を部品扱いする大企業と人材派遣会社の欺瞞があることに気づく。 これは、本当にフィクションなのか? 落涙必至! 警察小説史上、最も残酷で哀しい殺人動機が明かされる。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/20
    連載誌/レーベル
    小学館文庫
    • ガラパゴス 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ガラパゴス 全 2 巻

      1,518円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    4.1
    28
    5
    8
    4
    15
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/07/20Posted by ブクログ

      「ガラパゴス(上)」
      震える牛の事件から四年後。梢に娘が誕生。


      「震える牛」に続く読了。前作は抜群に面白くて田川信一にも強い魅力を感じ、これはシリーズものになればいいのに・・・と思ってました。しか...

      続きを読む
    • 2018/07/20Posted by ブクログ

      「ガラパゴス(下)」
      これは本当にフィクションか。


      エディション通商(旧スキルビズ)に向かう交通の手段として、田川は妻・里美が乗り心地が悪いと愚痴っていたレンタカーを選ぶ訳ですが、何故乗り心地が悪...

      続きを読む
    • 2018/07/08Posted by ブクログ

      相場英雄『ガラパゴス 上』小学館文庫。

      あの社会派ミステリーの傑作『震える牛』に続く、シリーズ第2作。

      今回、取り上げられるテーマは『雇用』である。タイトルの『ガラパゴス』と『雇用』とがどう結び付...

      続きを読む
    開く

    セーフモード