BIOPHILIA 電子版第24号 (2018年1月・冬号) 特集 皮膚の世界─バリア・免疫の担い手

野村 尚史

926円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

【特集】皮膚の世界への新しい視点にようこそ。ヒトと微生物との共生について、ノーベル受賞者レーダーバーグは「人間が善、細菌が悪」という考え方を止めるよう呼び掛け、「宿主(人)とその寄生生物(微生物)は、それぞれのゲノムが結び付いてキメラのような状態になっている超個体と見なすべき」と述べました。皮膚の微生物叢(微生物フローラ)でも腸内細菌の数(約100兆個)に対して1,000~ 1,000,000個ほどあります。アトピー性皮膚炎の関係についてブリーチバスセラピーが本書でふれられております。菌がなぜ増えるのか、なぜ、ディスバイオシス(腸内細菌叢の変容)を起こすのか?新しい治療法・最新のアプローチが全章にわたって述べられております。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード