星のローカス【第2巻】

小山田いく

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    クラスメイトの松井の誘いで美術部に出入りをはじめた聡だったが、正式な「部員」として活動することに対してはまだ踏切りがつかないでいた。そんな中、部長の小木あい子は聡の美術部入りを強く勧めているが、聡はその中に「部長として」ではない感情も感じていた。そんなある日、聡がイラストに使うポーズ写真集を持っていないことを知った小木は聡にデッサンをさせるために、自ら服を脱ぎ始めたのであった! そしてそこに志保里が入ってきて…! その他、聡と長尾が旅先で出会った少女との交流を描いた「コーヌ、コピア」などを収録。自分の道を模索する二木聡、聡を一途に想う志保里、ふざけながらも2人を暖かく見守る長尾と、友人たち。彼らの軌跡(ローカス)は交錯しながら物語を紡ぎ出してゆく… とある田舎町の高校生たちの青春群像を星の神話になぞらえて描く小山田いくの青春ファンタジー! 当時の小山田いく先生の単行本コメント 『ぎょしゃ座、アルファ星・カペラ。この星を見るとなぜか、学生時代、下宿で仲間たちとおでんをつまみながら酒を飲んでいる光景が、頭にうかぶんです。笑っている自分の姿でだけが目に浮かぶんです。聡もきっと、何年か後に、そんなふうに下宿時代を思い出すんじゃないかな、笑顔の自分と、その笑顔を得る為に苦労した自分に少々満足しながら…』

    続きを読む
    • 星のローカス 全 5 巻

      未購入巻をまとめて購入

      星のローカス 全 5 巻

      2,200円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード