レトリックの意味論

佐藤信夫

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現代の思想は言語の問題、とくに意味論を核心として展開している。著者は、現代思想の大きな潮流であるバルトやデリダの言語論の検討から出発し、言語が本来もっている遊動的な弾性に富んだ〈レトリック性〉を豊かな例証によって考察する。ことばの意味を固定した一義的なものと捉える従来の理論を斥け、現代言語学に〈意味の弾性〉という画期的視点を拓いた佐藤レトリック学の到達点を示す名著。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/01Posted by ブクログ

      これまで読んできた一般的な読者を対象としたと思われる
      著作とは違い、かなり専門的な内容となっている。この歳に
      なって、見たこと聞いたことのない専門用語が頻出する本に
      出くわすとは思わなかった(苦笑)。...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001902297","price":"990"}]

    セーフモード