【最新刊】作家探偵は〆切を守らない ヒラめいちゃうからしょうがない!

作家探偵は〆切を守らない ヒラめいちゃうからしょうがない!

小野上明夜 イラスト:中原

638円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    犯人だけ当てる作家と、その過程を推理する編集者の痛快! バディミステリ―! 売れない小説家の白川照は、今日も愛と勇気と正義(と怖い担当編集者)のために、原稿執筆に精を出す。ところが、照がヒラめくのは原稿の展開ではなく、日常に潜む“謎”の犯人ばかり。犯人しかヒラめかない謎が気になって原稿が進まない。そんな照に締め切りを守らせるため、担当編集者の黒澤は、その謎の過程を推理することになるのだが――。犯人だけ当てる作家と、その過程を“校正”する編集者の、痛快バディミステリー!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/10
    連載誌/レーベル
    メゾン文庫
    出版社
    一迅社
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    レビューコメント
    • 作家探偵は〆切を...

      日常に潜んだ謎の、犯人だけを閃きで分かってしまう兼業作家の白川照と、なぜその結論に至ったかを推理する、編集者の黒澤。推理メインではなく、2人の掛け合い漫才を楽しんだ。恋姫先生や淡路等、個性的なキャラも...

      続きを読む
    • 作家探偵は〆切を...

      まぁまぁよかった。

    • 作家探偵は〆切を...
      ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 作家探偵は〆切を...

      作家と編集者という組み合わせに加え、それぞれのキャラもよく立っていて、二人の掛け合いを読むのがとても楽しかったです。推理は二人の知恵とひらめきがあってこそというのも、どちらかだけが目立つという展開に偏...

      続きを読む
    • 作家探偵は〆切を...

      オチだけがわかる兼業作家テルテル先生と冷静なS編集者黒澤さんのバディがいい感じです。ミステリがライトで恋姫先生のキャラも楽しかったです。

    セーフモード