私が「ダメ上司」だった33の理由

午堂登紀雄

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「部下が思うように動いてくれない」「いまどきの部下のことが理解できない」「つい、自分でやってしまう」──こうした悩みを一発で解決するような「絶対の正解」はありません。ただし、あらゆる上司に共通する「やってはいけない」ことがあります。いまはベストセラー作家でもある著者ですが、2006年に不動産仲介会社を設立したとき、最盛期には30人近くの従業員を抱えていたものの、リーマンショックの影響で資金繰りが悪化したため、会社はあえなく空中分解……。本書では、そのときの上司としての痛烈な失敗を振り返り、なぜ自分がダメだったかを冷静に分析し、「やってはいけない」ことを教訓とともに紹介します。たとえば、・「ほめ方」がよくわからなかった・「自分のやり方」を押しつけてしまった・部下に失敗させる度量がなかった・退職の「本当の理由」を聞けなかったなど、どれも身につまされるものばかり。行動、対話、やる気、育成などのテーマ別に、ご自身の「上司としてのあり方」をチェックできる1冊です。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/24Posted by ブクログ

      2018.12.24 再読
      戦コン出身者である著者は、努力家で、それゆえに能力が高く、プロ意識が高い方なのだろうと思われます。そういう方にありがちなのが、「凡人の俺が努力してできてるんだから、皆できる...

      続きを読む

    セーフモード