「作らない」作りおき

重信 初江

1,166円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。疲れていても忙しくても、すぐに1品用意できるのが「作らない作りおき」。応用しやすく、保存性が高まるなどいいことずくめ。大ブームになった「作りおき」。でも、実践した人からは「同じ料理を食べ続けるのは辛い」とか、「疲れている週末に何品も作るのはしんどい」という声があがっている。料理が好きで料理を仕事にしている料理家も声をそろえて「作りおきには疲れた」という。では、どうしたらいいのか。料理家の重信初江さんが提案するのが「作らない作りおき」だ。台所にある野菜を袋に詰めて調味料を振りまぜ、空気を抜いて冷蔵庫に保存する。これだけで、朝のトーストにのせる、湯を注いでスープにする、さっと炒めたり、煮たりするなど使い方は自由自在。もちろんそのままサラダとして食べることもできる。「野菜を食べなくちゃ」というプレッシャーからも解放される。本書では、この浅漬けをはじめ、キャベツのせん切り、角切り、ゆでほうれんそう、白菜の塩漬けなど25種類の「作らない作りおき」とそれを活用するレシピを80品以上ご紹介するお役立ちの1冊。重信 初江(しげのぶはつえ):料理家。服部栄養専門学校調理師科卒業後、、織田調理師専門学校で助手として勤務。料理家・夏梅美智子氏のアシスタントをへて独立。簡単でおいしい家庭料理が得意。雑誌や書籍、テレビなど、幅広い分野で活躍中。趣味は旅行と食べ歩きで、日本や世界各地のおいしいものにくわしい。撮影用の野菜は多めに用意するため、残ったものをどう保存するか、工夫を重ねるうちに今回のレシピの原型が誕生した。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード