パリ・ロンドン放浪記

ジョージ・オーウェル著/小野寺健訳

858円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    インド帝国の警察官としてビルマに勤務したあとオーウェル(1903―50)は1927年から3年にわたって自らに窮乏生活を課す.その体験をもとにパリ貧民街のさまざまな人間模様やロンドンの浮浪者の世界を描いたのがこのデビュー作である.人間らしさとは何かと生涯問いつづけた作家の出発にふさわしいルポルタージュ文学の傑作.

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード