人工知能が汎用技術になる日

著:エリック・ブリニョルフソン/著:アンドリュー・マカフィー

540円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

「人工知能」(AI)という言葉が生まれたのは1955年。以来、本来の実力を超えて、現実離れした期待と見通しを世間に生み出してきた。そのため「AIは飛躍的な進歩を遂げる」という考えが広まる一方で、強い懐疑論も生まれた。しかし、近年のAIは「知覚」と「認知」という2つの分野で大きな進歩を遂げた。本書では、AIが現在すでに実現していることと、その発展がどれほど急速かを確認したうえで、AIが秘める本当の可能性とそれが実務に与える影響、そして導入の障壁について論じる。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年1月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード