Windows Mixed Realityアプリ開発入門 Unityで作るVR&HoloLensアプリケーション

著:日本マイクロソフト株式会社高橋忍

3,960円(税込)
1%獲得

39pt(1%)内訳を見る

    Mixed Reality(MR:複合現実)は、Virtual Reality(VR:仮想現実)やAugumented Reality(AR:拡張現実)をまとめたプラットフォームです。スタンドアロン型のHoloLensや、PCと接続して動作するヘッドマウントディスプレイ(HMD)のWindows Mixed Realityデバイスを利用して体験します。本書は、Windows Mixed Realityアプリ開発の解説書です。Windows Mixed Realityの概要から開発環境、Unityの基礎、基本的なアプリ開発、ツールキット、クラウドサービスとの連携、HoloLensの概要などについて説明します。本書では、Unityを利用して、Windows Mixed Realityデバイス用のアプリを開発する方法を紹介します。Windows Mixed RealityデバイスとHoloLensは、異なる部分もありますが、基本的な機能や開発手法はほぼ共通なので、HoloLens用のアプリの開発にもお使いいただけます。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/07/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード