食料農業の法と制度

著者:井上 龍子

2,138円(税込)
ポイント 21pt

通常ポイント:21pt

日本の食料生産・流通をめぐる課題と 規制の全体像を読み解く!■食料農業に関係する制度の土台となっている食料・農業・農村基本法、食品安全基本法、行政組織とその今日的な課題を解説。■農地法、農協、金融・保険、土地改良など農業経営を支える制度を解説。■米麦から畜産物・野菜・大豆・砂糖・でん粉にわたる農業生産を支援する制度を解説。経営所得安定対策も紹介。■農産物の安全を守るための生産工程管理、植物防疫・家畜衛生、農薬や肥料・飼料に対する規制と有機農産物を解説。■卸売市場、商品先物取引、食品の規格・表示など流通消費に関する制度も解説。 ■ゲノム編集技術や遺伝子と遺伝資源をめぐる法的な議論を紹介。「耕作放棄地」「バター不足」といった問題はなぜ発生するのか?農協、農業者、弁護士やマスコミ関係者、食生活の現実に疑問をもつ消費者にとって必須のポケットブック!

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード