神恐ろしや 宮司が語る、神社をめぐる不思議な話

著:三浦利規

1,300円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    「神社ブーム」が続いています。参拝だけでなく、御朱印集めやパワースポットめぐりなど、現代人にとっても神秘的な場所である神社。実は昔も今も、神社やその周辺の森、お堂、修験道は、ご利益だけではなく、不思議な話、怖い話、怪異な話の宝庫だったのです。本書は、西暦807年に創建された由緒ある神社の現職宮司が見聞し体験した、震えるほど怖い話を集めました。今も続く恐ろしい「丑の刻参り」、黄昏時が逢魔が時と言われる訳、見えないけれどそこにいることを知らせてくる浮遊霊・地縛霊、そのお祓いの方法、神職さえも迷わせる霊の力、ご神像や神域や古くからの言い伝えを軽んじたときに下る神罰、みちのくの悲しく恐ろしい記憶、童謡「通りゃんせ」の歌詞そのままに「行きはよいよい、帰りは怖い」の真実……など。神様や目に見えないものを畏れ敬う心や想像する能力を失くさずに生きることの大切さを伝える本です。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/25Posted by ブクログ

      宮司さんが語るというだけあって、畳の部屋で静かに語りを聞く、まさにその気分。

      第一章からいきなり神社に纏わる語りはもちろん、視覚的にも恐怖心を刺激された。
      第三章の車の後部座席と花嫁人形は怖さと悲し...

      続きを読む
    • 2019/05/19Posted by ブクログ

      神上がれなかった死者の年賀起こす不可思議なこと。
      それを鎮める神職。夕方の神社には魔物がいる。

      しっとりと、恐ろしい。

    • 2018/11/25Posted by ブクログ

      とても興味深く面白かったです。
      日本人と神道のルーツを感じさせられます。
      過去の言い伝えや実際に起こったことを、誇張して書いていないので、非常にリアルに読書体験できました。
      とても優しい文体で書かれて...

      続きを読む

    セーフモード