【最新刊】官邸襲撃

官邸襲撃

1冊

著:高嶋哲夫

1,699円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    テロ集団が、首相官邸を制圧! 首相官邸は戦場と化した! 女性SPが挑むのは、まるで「ダイ・ハード」的状況!? 日本初の女性首相とアメリカ国務長官が首相官邸で会談中に、テロ集団が官邸を占拠。首相と国務長官が人質となる。首相付きの初の女性SPとなっていた夏目明日香が、重傷を負った上司の指示のもと、たった一人、テロ集団に立ち向かうことに。官邸の外では日米の救出部隊が一枚岩になれずもめるなか、アメリカ大統領をも巻き込むテロ集団の意外な目的と作戦が明らかになり……。政府の指示系統崩壊、米軍の介入、その混乱に乗じるテロ組織。しかし、明日香の行動が少しずつテロ組織の計画に狂いを生じさせていく。日本の安全保障政策に警鐘を鳴らす、渾身のクライシス小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/06
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.1
    8
    5
    0
    4
    2
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/22Posted by ブクログ

      日本のセキュリティーが甘いと言われているので、
      本当に将来、起こるかもしれない襲撃。

      が、著者の他の作品は、
      もっとリアルなものが多いように思うので
      引き込まれ感はやや少なめだった。

    • 2018/11/07Posted by ブクログ

      紙の本で読み始めたが、Kindleで読み終えた。(寝ながら読む本は、軽いkindle本の方が、両手を使う紙の重い本よりも断然楽。)

      ハラハラドキドキのスリルを味わえた。感動モノではないので、私的基準...

      続きを読む
    • 2018/11/06Posted by ブクログ

      闇雲に本を読んでいるので、たまに2度目と気が付かず読んでしまう本がある。この本もそんな一冊。
      官邸をテロ集団が襲撃するという荒唐無稽なストーリーだが、根底に置いたありえない設定でかなりがっかりさせられ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード