弟子・藤井聡太の学び方

著:杉本昌隆

1,199円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

師匠から見た弟子・藤井聡太の「学び方」とは!! 将棋盤を抱きかかえて号泣していた子どもは、中学生でプロ棋士になった。「将棋に関しては、師匠に自由に反論していい」と言う著者は、いかにして弟子・藤井聡太を導いたのか。内容例を挙げると、 ◎七割以上を目指すには、自分で考えなければならない ◎悔しさが才能を伸ばすエネルギーになる ◎対局の機会の少なさが集中力を鍛える ◎コンピュータが選ばない勝負手を指す ◎学ぶ側には信念、指導者には柔軟性 等々。「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」……将棋に強くなるために要するこれらはすべて、私たちが人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである。本書では、藤井聡太という才能、兄弟弟子との交流、師弟関係の源流ともいえる、著者・杉本昌隆の師匠・板谷進との師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。「2018年新年の師弟杉本昌隆+藤井聡太」を収録!

続きを読む

レビュー

4.2
7
5
2
4
5
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/20Posted by ブクログ

    「弟子であろうとすごいものはすごいのです」、「藤井聡太の師匠」という肩書の杉本昌隆八段です。いい師匠ですね。そして、将棋界のみならず日本国中に「藤井フィーバー」、藤井聡太七段の強さと人柄、そして肉を切...

    続きを読む
  • 2019/02/08Posted by ブクログ

    藤井七段の話だけではない。杉本七段の指導に対する考え方がきちっと書かれている。指導者に必要なのは信じる力。弟子や教えられる側がつまづきそうな、気落ちしていそうなときに「(大丈夫、)心配してないよ」と声...

    続きを読む
  • 2018/12/05Posted by ブクログ

    「オレが育てた」的なところが全くなく、謙虚な人柄がにじみ出ている。自慢話の匂いをさせずにこういうものが書ける人って、めったにいないと思うのだ。そんな師匠に出会えたこともまた、藤井聡太君の「運命の星」の...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード