誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

著:清泉亮

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    定年後は田舎でのんびり暮らしたい、自然も人情も豊かな田舎で子育てしたい、農業をしながらスローライフを味わいたい…。いま、地方移住がブームです。中高年だけでなく、若者も、田舎暮らしに憬れて、地方に移住する人が増えています。新しい趣味を広げるには、田舎暮らしは最適です。自然と生活空間との調和は豊かな心象風景をもたらしてくれます。でも、田舎暮らしブームの陰で、語られていない現実があります。「移住すれども定住せず」地方に移住する人が増えている一方で、定住することなく都会に戻ってくる人が増えているのです。田舎の人情は、思っている以上にストレスになります。田舎の生活は、思っている以上にお金がかかります。住めば都──。日本ではそんな言われ方がありますが、都会の人にとっては、住めば地獄、であることさえ少なくありません。田舎暮らしブームにのって、まずは飛び込んでから考えよう、なんとかなるさ、ではあまりにリスクが大きすぎます。最悪の状況を想定することに勝る成功への王道はありません。地域選び、物件探し、お金、人間関係…、これまで誰も教えてくれなかった田舎の掟を乗り越えて、自分だけの気兼ねのない理想の暮らしを手にする方法をお教えします。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    6
    5
    0
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/20Posted by ブクログ

      田舎暮らしに憧れるなら、一回賃貸で暮らしてみな。地域内での役割とか、お付き合いとか、今の住居からの距離とか充分に考えて!という参考になりそうなお話(全て読んでいないが)

    • 2019/01/06Posted by ブクログ

      2019.01.06 東洋経済記事より
      https://toyokeizai.net/articles/-/228325

    • 2018/11/22Posted by ブクログ

      田舎暮らしの幻想を打ち砕く名著。何となく予感していたが、ここまでしっかり書き込まれると田舎移住の厳しさ怖さをリアルに感じる。先祖代々、集落で助け合いながら山を切り開き田畑を作り守り生活をつないできた地...

      続きを読む
    開く

    セーフモード