神の時空 電子版合本

高田崇史

6,050円(税込)
1%獲得

60pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    由比ヶ浜で、意識不明の重体で発見された女子高生・辻曲摩季の姿が病院から消失。直後の地震で、鶴岡八幡宮の鳥居が倒壊し、さらに、源氏ゆかりの地・修善寺でも異変が発生。尋常ならざる者の影を感じた摩季の兄姉と友人の陽一は、鎌倉の殺戮史を調べはじめる。果たして、事件と怨霊の関係は? 高田崇史による歴史ミステリーの傑作『神の時空』シリーズ全9作を合本に!

    続きを読む

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/23匿名
      テンポが…

      初めて読んだのですが、テンポが自分には合わなかったようです。会話形式にはなってますが、ほとんどがそのままの説明で読んでいて飽きました。テーマ自体は好きなのですが、物語というよりも説明文を読んでいる気持...

      続きを読む

    セーフモード