獅子のごとく 下 小説 投資銀行日本人パートナー

著:黒木亮

771円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

違法すれすれの手法でライバルを蹴散らし、本社経営陣に上り詰めた逢坂は「帝王」の名を恣にする。最後の勝負の相手は、メガバンクの常務執行役員におさまった檜垣力。だがその矢先、思わぬ病魔と「司令官」たちの離反が逢坂を襲う――。日本の「失われた20年」の時代に、苛烈なマネーゲームに血道を上げた男の衝撃の末路とは!?

続きを読む

レビュー

3.8
12
5
1
4
8
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/11/24Posted by ブクログ

    上巻に引き続き、投資銀行業務の内実に迫った内容で読んでいて飽きることがなかった。
    手を出していたゴルフ場投資における他ファンドとの覇権争いや、TOBの際の双方の陣営の応酬には非常に引き込まれた。

    ...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2017/06/07Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/05/06Posted by ブクログ

    敵に圧勝することに拘る、エイブラハムブラザーズのパートナー、逢坂丹。
    徹底した接待スキル、勝負への執念、事前の準備で、ビッグディールをものにして、経営委員会メンバーまでのし上がり、個人資産で数百億円を...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード