トリプルA 小説 格付会社 上

著:黒木亮

730円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

「格付け」の評価を巡り、単なる意見の表明に過ぎないとする格付会社と、それに反発する金融機関との間に軋轢が生じつつあったバブル期の日本。若き銀行マン・乾慎介、生保社員・沢野寛司、格付会社アナリスト・水野良子らそれぞれの波乱に満ちた生きざまを通して、日本を揺るがした金融危機の実相と格付会社の興亡を迫真の筆致で描く話題作!

続きを読む

レビュー

3.6
12
5
1
4
7
3
3
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/28Posted by ブクログ

    再読。ここ30年くらいの国際金融の出来事がいっぱい。どこまで真実かわからないけど、格付会社という特殊な会社の様子が興味深い。職人だけど専門バカでは務まらない世の中とリンクした仕事。おもしろかった。

  • 2016/02/22Posted by ブクログ

    面白い!山一証券の廃業とか、事実は知ってても中身は何も知らなかったが、格付機関の興亡を通して分かりやすく解説してくれる!やや難しい専門用語はあるけど、金融を全く知らない私でも読めたので大丈夫。おすすめ...

    続きを読む
  • 2014/06/21Posted by ブクログ

    何人かの主人公が登場し、それぞれの話を進行していくことによって物語が進んでいく構成の小説です。
    が、ひとつひとつの物語の関連性がいまいち分かりづらいのので、ひどく話が散漫に進み、内容の理解が出来ません...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード