【最新刊】カラ売り屋

カラ売り屋

1冊

著:黒木亮

869円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和土木工業にカラ売りを仕掛けたものの反撃に遭い、資本の大半を失う窮地に立たされたパンゲア&カンパニー。敵の腐った財務体質を暴く分析レポートを作成できるか?カラ売り屋と企業の熾烈な攻防を描く表題作ほか、「村おこし」「新興国へのハイリスク融資」「温泉旅館の再生」に一攫千金を夢見る男たちの執念と苦闘を活写する熱き物語、全4編。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/06
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/01/15Posted by ブクログ

      カラ売り、地域復興、国際金融、事業再生をテーマにした経済小説の短編集。
      カラ売りに関しては、他の作品でもシリーズ化っぽくされています。
      短編集ということで、著者の他の作品に比べてサクッとした印象。

    セーフモード