ルネッサンスの光と闇(下) 芸術と精神風土

高階秀爾 著

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    文学作品や思想史上重要な作品を引用しながら、ボッティチェルリの《春》に描かれた美しい女神の影が示唆するところを読み解き、ヴァティカン宮殿の署名の間やメディチ家の礼拝堂といった傑作を輩出したその精神的風土と芸術のからみあいを考察する下巻。版を新たにした多数の挿図とともにルネサンスの明暗を明快に説き明かす名著。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード