夏目漱石を江戸から読む 付・正宗白鳥「夏目漱石論」

小谷野敦 著

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    夏目漱石の作品を江戸の文学――読本、歌舞伎や人形浄瑠璃と、欧米文学との交点に生まれたものと捉え、比較文学の手法を用いてその関係性をひもとく。文庫化にあたり書き下ろしのコラムや、参考資料として正宗白鳥の「夏目漱石論」を付録として収載した。(『夏目漱石を江戸から読む――新しい女と古い男』改題)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード