ウソとマコトの自然学 生物多様性を考える

池田清彦 著

885円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

昆虫類のすさまじいまでの減少の理由とは。田舎の里山を保全するための現実的な方策はどこに。メディアと政治のコトバと化した「生物多様性」擁護・懐疑両派の怪しげな言説を問いただし、イキモノと日本各地の自然環境の実像について興味深い事実を数多く紹介しながら、自然を守る本当の手だてを視野広く述べた秀作。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード