飯野文彦劇場 ないものの子

著:飯野文彦

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    主人公の「私」が小説家である事を知り「実は私も小説を書いたことがあるの…」と自作をメールで送ってきた憧れの女性。その内容は、彼女の清楚な外観からは想像もつかない淫らで、破廉恥な官能小説。いやはや、作中話として全文が掲載されているこの小説がまた本格的で、思わず生唾を飲みこみたくなるような内容。地位も名声もある夫人が、銀座の公衆トイレで繰り返す痴態…。これだけでも読み応えがあるのだが、さらに本作は驚くべき結末へと進んでいく。官能小説と言うべきか、ホラー小説というべきは、はたまた…。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード