飯野文彦劇場 留守電

著:飯野文彦

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    留守電に吹き込まれていたメッセージは、見知らぬ若い女性からの間違い電話だった。そこに込められている切なる想いは、しかし相手には永遠に届かないのだ。それを知っているのは自分だけ。哀れさと焦燥に胸を焦がしながらも、どうすることもできない私は、日夜悶々としていたのだったが、ある日ついに二度目のメッセージが。そこに吹き込まれた相手の番号を前に、極限まで膨らんだ様々な想いが迸るとき、いったい何が起きるのか!?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード