飯野文彦劇場 残存性欲の女

著:飯野文彦

324円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

購入へ進む

カゴに追加

「やさしいんですね。これから行っても良いですか?」「明日の晩も、来てもいい?」。毎晩、彼女はやってくる。汗にまみれ快楽に溺れ、わたしはもはや彼女なしではいられない。いかに浅ましかろうと、昼も夜も常に彼女のことを求め、胸は高鳴り肉体は火照る。しがない作家に初めて訪れた我が世の春。恋の、いや情欲の炎に激しく生命を燃やして、男はこの世ならぬ悦楽に浸りきる。夜ごとの美女の訪問は無上の愛か、異界の罠か。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード