飯野文彦劇場 子を連れて

著:飯野文彦

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    傾きかけたボロ家の二階で、腐ったように暮らす私小説作家のなれの果て。その傍らにいつも寄り添うのは、あどけなく健気な幼い子。「俺には六つになる息子がいるが、毎晩●●●●を吸わせてる」ああ、嘘だ嘘なんだ。なぜ優しくしてやれないのか。たった一人の肉親であり、たった一人の話し相手であり、たった一人の父であるのに。世界が彼を責め苛む。それから逃れるために、酒に溺れ妄想に溺れ…。粘り着くような孤独の中で、子供だけが、子供だけが彼の…。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード