叙述トリック試論とか

著:我孫子武丸

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    ミステリー作家我孫子武丸が、デビュー以来書いてきた解説や書評を選んで集めたもの。自ら娯楽小説を書いている者ならではの視点で、国内外さまざまな小説を評論する。取り上げている作品は、井上夢人『あくむ』、有栖川有栖『海のある奈良に死す』、森博嗣『封印再度』、ポール・ギャリコ『幽霊が多すぎる』ほか。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード