セイムタイム・ネクストイヤー 黄昏ホテル

著:加納朋子

108円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

主人公は、夫と、亡くなった娘の誕生日祝いをした思い出のホテルを訪れた。最愛の娘を亡くし、生きる希望を失った彼女は、最後の場所を求めていた。しかし…絶望の淵で彼女が見たものは、紛れもなく死んだはずの娘。あれから毎年、娘の誕生日にこのホテルを訪れる。そこには、1歳、2歳と着実に年を重ねる愛しい娘が待ってくれていた。果たして、この子は、娘の亡霊か? それとも…。(本作は「黄昏ホテル」をテーマとする読み切り連作小説の一篇です)

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード