【最新刊】子どもの才能を引き出す最高の学びプログラミング教育

子どもの才能を引き出す最高の学びプログラミング教育

1冊

著者:石嶋洋平 監修:安藤昇

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの『65%』は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」――キャシー・デビッドソン(アメリカ・デューク大学教授)「あと10~20年程度で、アメリカの総雇用者の約47%の仕事が自動化される」――マイケル・A・オズボーン(英国・オックスフォード大学准教授)「2045年には、人工知能が人類の知能を超える転換点『シンギュラリティ』に到達する」――レイ・カーツワイル(Google社機械学習・自然言語処理技術責任者)子どもたちの未来は、先行き不透明です。未来は、どうなるかわからない。急速な情報化や技術革新は、私たちの生活を質的にも変化させつつあります。将来の変化を予測することが困難な時代だからこそ、必要なのは「論理的思考力」。論理的に考えることができれば、時代がどのように変わっても、物事の本質を読み解くことができるからです。そして、プログラミングによって身につく力の一つがこの「論理的思考力」です。1 目標設計/設定力(目的意識)2 論理的思考力3 数学的思考力4 問題解決力(問題発見力)5 クリエイティブ力6 実行力(主体性)7 文章読解力これらはプログラミング教育によって、子どもに身につく力です。2020年に小学校で必修化される「プログラミング教育」。総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業認定され、そのカリキュラムが文部科学省認定校にも提供されている、今注目のプログラミングスクール「プロスタキッズ」。この「プロスタキッズ」代表が「どうして、プログラマーにならない人にもプログラミングが大切なのか」「どうして、子どものころから、プログラミングを学ばせる理由があるか」「プログラミングを覚えると、どのようなメリットがあるか」誰もが抱く、これらの疑問に対する答えをまとめました。監修者は、マイクロソフト認定教育イノベータープログラミングテキストの監修も行う、日本のICT教育の第一人者のひとり、安藤昇氏。本書は、プログラムの書き方を紹介するものではありません。プログラマー的な思考法を手に入れることが、社会的にも、人生においても価値あるものだということを、現場の子どもの成長の実例とともに述べていきます。■著者 石嶋洋平(いしじま・ようへい)株式会社ミスターフュージョン代表取締役 プロスタキッズ代表東京花火大祭制作委員会委員長

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/01
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3
    5
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/18Posted by ブクログ

      小学校での必修化、身近になったこと、自宅では難しいなどの理由でプログラミングスクールが子どもに習わせたいお稽古として上位にランクインされるようになった。身に付くのは、目標設計・論理的思考・数学的思考・...

      続きを読む
    • 2019/09/10Posted by ブクログ

      あまり内容は深くなくて、普段本を読まない親向けなのかな?と思う。冒頭、プログラミング教室のアンケートから始まるし、紙が厚いし、文字サイズも大きめ。目標設定の大切さを示すために、イチロー氏、本田圭佑氏、...

      続きを読む
    • 2019/06/08Posted by ブクログ

      プログラミング教室長の本!って感じ。
      プログラミング教育がどう子どもにいい影響をもたらすか、なにに気をつけるべきか、得るために読んだが、私がやりたいのは途上国の子どもたちへのワクワクの提供なのでちょっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード