理想のヒモ生活 11

渡辺 恒彦/文倉 十

658円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    シリーズ累計80万部突破! 待望の第二子誕生! 善治郎の北大陸行き!? ビー玉量産化も遂に始動? 波乱の第11弾が登場!アウラはかねてから検討していた「宰相」と「元帥」の役職を置き、宰相にレガラド子爵フィデルを、そして元帥にプジョルを任命した。妊娠中のアウラにとって、国務の負担が減ることは喜ばしくもあったが、望まない方向に国が進みかねない危険性も孕んでいた。また、同時に善治郎も今後のことを考えて公爵位を賜ることになる。国内情勢も大きく変化しつつあったが、アウラは双王国の対応から北大陸への懸念を抱き、善治郎にウップサーラ王国訪問を頼む。フレアの側室入りの交渉に加え、北大陸の様子を直接見られるというメリットはあるが、木造帆船で数ヶ月にも及ぶ危険な航海に出ることは、善治郎にとって受け入れがたい話。そこでアウラは、少しでも安全な航海にするためになんと『瞬間移動』の魔道具を造ってもらおうと提案するのだった。渡辺 恒彦(わたなべつねひこ):北の大地で生まれ、育ち、暮らす。小説投稿サイト「小説家になろう」で発表した「理想のヒモ生活」が、永きにわたって総合ランキング1位に輝く。文倉 十(あやくらじゅう):古都で生まれ、育ち、現在は東京で暮らす。『狼と香辛料』(電撃文庫)など、人気作品のイラストを数多く手がける。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード