山鏡

楠田文人

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    「どこかで生きてるのよ」「半田がか?」「そう。音楽に生きたかったって、言っていたし」山登りの途中で行方不明になった アマチュアのチェロ演奏家 、半田。私は、友人である彼を見つけるため、その日彼が歩いたルートを辿ってみた。途中、地図にない池を見つけたとき、風に乗ってメロディが聴こえて来た。チェロの音色だ。 思わず、その音に聴き入った。まるで半田が演奏しているようだ…。池から聞こえてくるチェロの音色、そして池の底に沈む鏡。「音楽に生きたい」と望んだ半田の身に起きた、不思議な出来事とは。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード