【最新刊】東京謎解き下町めぐり~人力車娘とイケメン大道芸人の探偵帖~

東京謎解き下町めぐり~人力車娘とイケメン大道芸人の探偵帖~

1冊

著:宮川総一郎

693円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    浅草にはこんなにも謎があるんです!「君に流星をプレゼントしよう」満天の星空から流れる一筋の光。不思議な青年との出会いが物語の始まりだった!浅草に住んでいた大鳥居祥子(おおとりいしょうこ)の実家は明治時代から続く「人力舎」という地元でも有名な車引きの店を営んでいた。父への反発心から京都の大学に進学して卒業するまで地元に戻ることはなかったが、家業の車夫を継ぐために久々に実家に帰ってきた祥子。しかし、彼女が目にしたのは、タクシー会社に業態転換した「人力舎」の変わり果てた姿だった。父が祖父や母の反対を押し切って無理矢理タクシー会社を始めてしまったのである。車夫という仕事を愛する祥子は父の行いがどうしても許せなかった。思わず家を飛び出した祥子が桜橋の袂で出会った大也(だいや)と名乗る青年は、祥子のためにマジックを見せてくれるという。彼は持っていたステッキで星の1つの周囲に小さな輪を描くとその星がそのまま流星となった。星は次々と流れていく。2つ3つ4つと…大道芸人だというこの青年に祥子は興味を抱くようになる。大也は大道芸をする傍ら浅草の古い民家を改造したシェアハウスの大家もやっていた。部屋に空きがあることを知った祥子はそこに住むことに決める。ところが、シェアハウスの住人は、フィンランド出身の銭湯の店番、世界的歌姫、小料理屋の店員、水上バスの乗員など職業も国籍もバラバラでクセのある人物ばかり。バラエティにとんだ住人たちが引き起こすミステリアスな事件に祥子は巻き込まれていく。観光の街「浅草」には実はとんでもない秘密が隠されていた。祥子は大也とともにその謎解きに挑戦する。■著者宮川総一郎(みやかわそういちろう)集英社で手塚・赤塚賞を受賞し、漫画家デビュー。代表作『マネーウォーズ』(集英社)、『兜町ウォーズ』(日本文芸社)他。『松本零士が教えてくれた人生の一言』、2017年『まんがで覚えるマーケティングの基本』編集、『漫画から学ぶ生きる力』全5巻監修。■イラスト転(くるり)

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/29

    レビュー

    1
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/06/28Posted by ブクログ

      いろいろ言いたいことはあるが、まずは校正してるのか?って疑いたくなるほど誤記が多い。誤字脱字は当たり前だし、てにをはがおかしいし、キャラの名前間違ってるし、ページをめくったら話が違ってるとこあるし、ま...

      続きを読む

    セーフモード