夏の終わりの夕凪に 吐息は熱を孕む 下

著:西條六花 イラスト:架月七瀬

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

「抱きたい――もう一分だって我慢できない」。飴屋を愛していながら、過去の自分が許せず、別れを選択したあかり。表面上は何事もなかったように隣人に戻った二人だったが、心の中ではお互いへの思いがくすぶっていた。一人になった飴屋には、地元の娘・希代が急接近し、それを傍観するあかりの心は波立つ。そんなある日、思いがけない人物があかりの元を訪れて…。「そのまんまのあかりでいいから……そばにいてほしい」。過去の恋愛がトラウマになり、自分で自分を縛りつけていた女性が、年下の染色作家との恋愛で心を解放していく姿を、切なくそして甘く描いた、大人のラブストーリー下巻。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード