【最新刊】星空の16進数

星空の16進数

お得

1冊

著者:逸木裕

1,650円1,155円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ウェブデザイナーとして働く17歳の藍葉は、“混沌とした色彩の壁”の前に立つ夢をよく見る。それは当時6歳だった自分が誘拐されたときに見た、おぼろげな記憶。あの色彩の壁は、いったい何だったのだろうか――その謎は、いつも藍葉の中にくすぶっていた。ある日、届け物を依頼されたという私立探偵・みどりが現れ、「以前は、大変なご迷惑をおかけしました」というメッセージと100万円を渡される。かつての誘拐事件しか心当たりのない藍葉は、みどりに誘拐事件の犯人・朱里の捜索を依頼する。当時、誘拐事件はわずか2時間で解決されていた。藍葉の思い詰めた様子と自身の好奇心からみどりは朱里を捜し始め、藍葉は“色彩に満ちた部屋”の再現を試みる。己の“個性”と向き合う藍葉と、朱里の数奇な人生を辿っていくみどりはやがて、誘拐事件の隠された真相に近づいていくが――。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/29
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.7
    8
    5
    2
    4
    3
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/04Posted by ブクログ

      誘拐された少女が誘拐した女性を女性の私立探偵と一緒に探して、誘拐された真実に迫る物語。
      印象に残った文章
      ⒈ 同じ情報をどう捉えるかを、私は個性だと考えているんです。
      ⒉ 人間には、変報性の法則ってい...

      続きを読む
    • 2019/10/26Posted by ブクログ

      「16進数」というタイトルが気になっていた本。
      ウェブデザイナーとして働く主人公が誘拐された謎。
      ミステリとしても面白かったです。
      カバーの絵の意味もわかりました。
      おすすめ。

    • ネタバレ
      2019/07/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード