【最新刊】戦術の教科書

戦術の教科書

1冊

著者:ジョナサン・ウィルソン/著者:田邊雅之

1,881円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「フットボール批評」の人気連載が待望の書籍化!世界的な戦術研究の第一人者である著者が日本のサッカーファンのために書いた、サッカー戦術本の決定版。戦術とは何か。「ゲーム(勝負事)」を、どこまで支配し得るものなのか。 洋の東西を問わず、この種の議論がますます盛んになってきている。戦術論が普及すればするほど、根源的な問いかけがなされるようになってきたのは、フットボールという競技自体の進化にとって、極めて好ましい兆候だろう。3-4-2-1やプレッシングといったコンセプトを生み出してきたのは、予測不可能性を極小化し、自らのイデア(理想)を具現化しようとする情熱であり、ひたむきな使命感でもあるからだ。 その事実を理解して初めて、ピッチ上に描かれる魔法陣の秘密は解き明かせるといってもいい。本書はイギリス人の戦術史家、ジョナサン・ウィルソンとの共作になるが、僕たちが一貫して目指してきたのも、歴史的な文脈をしっかり踏まえたうえで、時代の最先端を行く戦術論の見取り図を、読者のみなさんに提示することだった。 とはいえ、ジョナサンと戦術論の本を出版するのは実に不思議な気がする。彼は戦術論の大著を以前にも上梓しているが、もともとフットボールのジャーナリストを志していたわけではない。さらに言うなら、戦術分析が専門だったわけでもなかった。(「はじめに」より一部抜粋)【目次】Episode.1 戦術トレンド概論 プレッシングか、ポゼッションか、それが問題だ。Episode.2 60年ぶりに戻ってきた3バックEpisode.3 アンチカウンター理論としてのゲーゲンプレスEpisode.4 ゼロトップはどこへ消えたのかEpisode.5 ベンゲルと4-2-3-1の行方Episode.6 10番/トップ下論 エジルが象徴するクリエイティビティのジレンマEpisode.7 ゾーン・ディフェンスがカバーする領域Episode.8 アンチ・フットボールの誘惑と憂鬱Episode.9 レスターと4-4-2に未来はあるかEpisode.10 ポチェッティーノが受け継ぐ、ビエルサイズムEpisode.11 アンチェロッティ式、「ハイブリッドマネージメント」のススメEpisode.12 モウリーニョが抱えるスペシャルな懊悩Episode.13 ウイング論 左翼と右翼のウインガーEpisode.14 理想主義者、ペップ・グアルディオラの挟持Episode.15 GK、100年の孤独Episode.16 ディープ・ライイング・プレーメイカーの誕生column.1 共産主義思想としてのプレッシングcolumn.2 コレクティブカウンターの衝撃

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/26
    出版社
    カンゼン
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード