逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)

宇佐美典也

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    2036年。あらゆる問題を「先送り」してしのいできた日本に限界が来る。これ以上の「先送り」は不可能になるのだ。年金、保険などの社会保障はもとより安全保障に至るまで、国家システムの破綻は回避できるのか。危機の本質を政官のメカニズムに精通した若手論客が描き出す。なぜ国会では何も決まらない? 財政破綻は近い? 異次元緩和の利得者は? 日米同盟は盤石か? すべての議論の出発点となる画期的論考。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード