【最新刊】逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)

逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)

宇佐美典也

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2036年。あらゆる問題を「先送り」してしのいできた日本に限界が来る。これ以上の「先送り」は不可能になるのだ。年金、保険などの社会保障はもとより安全保障に至るまで、国家システムの破綻は回避できるのか。危機の本質を政官のメカニズムに精通した若手論客が描き出す。なぜ国会では何も決まらない? 財政破綻は近い? 異次元緩和の利得者は? 日米同盟は盤石か? すべての議論の出発点となる画期的論考。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/22
    連載誌/レーベル
    新潮新書

    レビュー

    • 2019/06/07Posted by ブクログ

      日本では多くの課題が先送りされていることを指摘して、""個人として責任感のある政治家や官僚が、政府の組織としての無責任を助長(p41)""していると看破している.きちんとしたデータを基にした論考は信頼...

      続きを読む
    • 2019/06/22Posted by ブクログ

      2025年日本の転換点と誰もが言う
      団塊の世代が後期高齢者になるから
      しかし長期的な抜本策は日本は苦手

      官僚は2 -3年で実現できる対症療法しかできない
      短期志向の政治とセットで先送りの構造 
      堺屋...

      続きを読む
    • 2020/06/25Posted by ブクログ

      とにかく、読みやすいです!
      .
      特に、これからの社会を担う20,30代の人に、読むことをお勧めします。
      .
      これからの日本を左右する、社会保障と安全保障の観点において、日本がおかれている状況を理解...

      続きを読む
    開く

    セーフモード