【最新刊】自衛隊失格―私が「特殊部隊」を去った理由―

自衛隊失格―私が「特殊部隊」を去った理由―

伊藤祐靖

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    魂の抜け殻だった防衛大生、平時にしか通用しないリーダーを育てる幹部候補生学校、007から戦術を学べという司令官。そして創設から携わって8年、未完のまま去らねばならなかった自衛隊初の特殊部隊――。イージス艦「みょうこう」航海長として北朝鮮の拉致工作船と対峙した著者が、摩訶不思議な組織のすべてを語り尽くす。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/22

    レビュー

    レビューコメント(13件)
    • 自衛隊失格―私が...2020/10/10Posted by ブクログ

      自衛隊の特殊部隊創設に携わった伊藤さんの半生の記録。自衛官として生きていくための矜持はなにかを常に考え、悩み、常にその時の最適な行動を選択してきた人物の自伝。国を守り、国民を守るために訓練を重ねる。自...

      続きを読む
    • 自衛隊失格―私が...2018/09/15Posted by ブクログ

      日本の憲法には無理がありすぎる。自国民を守る手段のない憲法は要らない。そんな中で自衛隊は本当に頑張っていると思う。自衛隊の矛盾やジレンマが良く分かる。
      官僚や国会議員よ本当に日本の国益のために働いてく...

      続きを読む
    • 自衛隊失格―私が...2018/06/30Posted by ブクログ

      「自衛隊とは、世界の中で、その存在に疑問符が投げかけられているのに、その疑問符を投げかけてくる人たちのために自分の生命を捨てなければならない組織なのである」。この言葉に対してまともに答えられる奴はいる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード