【完結済み】野々山女學院蟲組の秘密 (1)

野々山女學院蟲組の秘密

完結

4冊

著者:田辺ゆがた

638円(税込)

PayPayの特典は、PayPayボーナスライトが後日付与されます。譲渡できません。有効期限は処理日から60日です。利用するにはYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。その他注意点はこちらをご確認ください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    嫉妬、恐怖、欲望、愛憎――。それら人間の暴走した感情“蟲”を食べる謎の転校生、綾取やつめ。平凡な女学生だった逸鉢カズサは、やつめとの衝撃の出会いにより、“蟲”を巡る争いに巻き込まれていく!

    続きを読む
    ページ数
    185ページ
    提供開始日
    2018/06/23
    連載誌/レーベル
    角川コミックス・エース
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    少年マンガ
    • 野々山女學院蟲組の秘密 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      野々山女學院蟲組の秘密 全 4 巻

      2,640円(税込)
      764円相当26pt獲得

    レビュー

    5
    4
    5
    4
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/02Posted by ブクログ

      蜘蛛の脚と人の足が歩みを揃える、名前を呼びあうのだ。

      ネガとポジ、喜怒哀楽、自他を取り巻く環境と関係性がもたらす思い、そういったもの一切合切を表す言葉を感情といい、やがて人の感情は蟲の形を成して這い...

      続きを読む
    • 2019/05/27Posted by ブクログ

      跳ね回る蜘蛛の子は、生まれる前にはねられた。

      レビューもここ三巻となれば前提は省かせていただくわけですが。
      感情=蟲の発想と、蟲を喰らう蜘蛛、その連想さえ働けば世界観はあなたの掴むところです。

      ...

      続きを読む
    • 2019/05/13Posted by ブクログ

      競い合う蜘蛛の子は、網を張るのもじれったく。

      感情が「蟲」の形を成す世界ではかくして、二つ名もしくは「擬人化」のような形でその人と蜘蛛の人となりを知ることができる。そんな世界のこの漫画、昭和の趣が色...

      続きを読む
    開く

    セーフモード