【最新刊】大阪2児放置餓死事件

大阪2児放置餓死事件
1冊

北上祐帆

540円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

2010年7月、ある風俗嬢が3歳と1歳の我が子を糞尿と生ゴミの溢れた部屋に放置し餓死させた。南京錠とガムテープで封じられた部屋の中で、幼い子供たちは母を求め続けた。しかしその悲鳴は、男とのセックスに狂う母には届かなかった――。恐るべき育児放棄事件を起こした母親の生い立ちと事件の闇に迫る表題作「大阪2児放置餓死事件」のほか、1982年、同僚のホステスを殺害した福田和子の生きざままを描いた「福田和子 松山ホステス殺人事件」を収録。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード