【最新刊】学んでみると量子論はおもしろい

学んでみると量子論はおもしろい

1冊

著:牟田淳

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    携帯電話やパソコンのもっとも重要な部品ともいえる半導体チップの中を支配する量子論。素粒子などのミクロの世界にも適用される法則で、遺伝子など生物の構造や進化、そして宇宙の創生までを解明していきます。「神はサイコロを振らない」と、相対性理論を確立したアインシュタインは最後まで量子論に異を唱え続けました。本書は、ニュートン力学では考えられないような理論のため多くの人が戸惑い、魅かれていく量子論を易しく丁寧に解説していきます。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/22
    出版社
    ベレ出版
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/06/13Posted by ブクログ

      過去に読んだ量子論関連の本の中ではダントツに分かりやすい。文系脳の僕にも分かりやすい。いや、途中からちんぷんかんぷんだったので、わからないなりにも分かりやすいってことですけども。
      ほんと量子論は興味深...

      続きを読む
    • 2013/09/11Posted by ブクログ

      量子論の入門書。シュレーディンガー方程式の解説は後半から三角関数や微分を使った数式が容赦なく出てきたため高速ナナメ読みでクリア。それでも何とか獏とした全体像はつかめる。

      半導体の原理の解説が分かりや...

      続きを読む

    セーフモード