【最新刊】ウィスコンシン渾身日記

ウィスコンシン渾身日記

1冊

著:白井青子

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    青子ちゃんは若い人には珍しく『自分の文体』を持っています。これはけっこうすごいことです。どうして、若くして自分の文体を手に入れたのか。実は僕にもよくわからないんです。でも、すごい。――内田樹齢31にして英語の海に飛び込んだ!異文化と出会い、かけがえのない経験をした2年間の記録。内田樹さんとの往復書簡付き私はひょんなことから、この誰も知らないアメリカのウィスコンシン州マディソンで旦那さんと二人、暮らすことになった。2015年から2017年の2年間、アメリカがオバマ政権からトランプ政権へと変わり、アメリカそのものが歴史的な変貌を遂げようとしている、ちょうどそんな頃のアメリカ滞在だった。  (「はじめに」より)

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/20
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/05Posted by ブクログ

      おもしろくて楽しくて、読み始めると止まらず、イッキ読みしてしまった。残念~。ゆっくり読んでいたかった。

      この本の魅力は、ひとえに、著者の人柄によるものでしょう。
      素直で気取ったところがなくて、まるで...

      続きを読む
    • 2018/07/16Posted by ブクログ

      面白くって行き帰りの電車の中ですぐ読み終えてしまった。語学学校に行ったじぶんの思い出と重なるエピソードがたくさんあった。
      こういう日記を書きたい。

    セーフモード