【最新刊】DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編

DCCで楽しむ鉄道模型 サウンド・応用編

1冊

著:松本典久

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。DCCによるサウンドシステムと発展的な楽しみ方がわかる! 鉄道模型界では、従来の一般的なアナログ方式に加えて、DCC(Digital Command Control)が普及しつつある。DCCによって、同一線路上で複数の車両を個別に制御できたり、警笛やエンジン音を発生させるなど、これまでの常識を覆すさまざまな楽しみ方を実現することが可能。 本書は、『DCCで楽しむ鉄道模型』の続編として、DCCの利用方法としてもっとも注目されているサウンド機能やファンクションの制御など、より発展的にDCCを楽しむためのテーマに特化し、各々の実装テクニックを詳説する。第1章 DCCサウンドを楽しむ人たち第2章 DCCサウンドシステム基礎編第3章 サウンドデコーダー搭載加工の実例第4章 デコーダーのプログラミング第5章 パソコンを活用した上級テクニック付録A DCCの基礎知識付録B 関連資料集

    続きを読む
    ページ数
    207ページ
    提供開始日
    2018/06/22
    出版社
    オーム社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/01/13Posted by ブクログ

      鉄道模型向けDCCサウンドシステムでの搭載加工やプログラミングを写真で解説。
      従来システム(PFM Sound System、Foreground Sound System)よりも安価で、扱いも簡単な...

      続きを読む

    セーフモード