社会調査のための統計データ分析

編:廣瀬毅士 編:寺島拓幸

2,860円(税込)
1%獲得

28pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。社会調査データの基礎的な集計と分析方法がわかる!! 本書はExcelを中心に、汎用的なソフトウェアを用いた社会調査データの基礎的な集計と簡単な分析を扱う。その際、社会調査そのものについての基本知識や社会調査データのデータ型についても随時解説する。「社会調査士」資格に必要な、単位認定科目【C科目】に対するテキストになるが、それ以外にも文系のためのデータ分析の入門書や統計の入門書としても利用できる。第1章 社会調査とデータ分析第2章 社会調査データの基礎知識第3章 Excel による社会調査データの操作・加工第4章 1 つの質的変数を記述する:単純集計第5章 1 つの量的変数を記述する:基本統計量第6章 異なる尺度上の値を比較する:標準化第7章 データを視覚化する:グラフの読み方・つくり方第8章 2 つの量的変数の関連をみるI:相関係数第9章 2 つの量的変数の関連をみるII:回帰分析第10章 3 つの量的変数の関連をみる:偏相関係数第11章 2 つの質的変数の関連をみるI:クロス集計第12章 2 つの質的変数の関連をみるII:関連係数第13章 3 つの質的変数の関連をみる:エラボレイション第14章 データを提示する:論文・レポートとプレゼンテーション第15章 推測統計学と多変量解析付録

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/06/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード